毛穴のたるみ・Top >  成分を意識して、安全に化粧品を使う

成分を意識して、安全に化粧品を使う

"お肌を美しくする化粧品ですが、スキンケア商品の成分については気にしたほうがよいでしょう。
一番大切なのは、しばらく使ってみて、これは自分の肌に合わないなと思ったときに使用を止め、専門家に相談するということが大切です。
化粧品は以前、指定成分といって法律で決められた成分だけを製品に表示すればよかったので、消費者は全ての成分がわかりませんでした。しかし今では、全成分表示になり配合している成分は原則全て記載することが義務づけられています。
化粧品というと、健常な人が肌に塗るものなので、病気の人が服用するお薬よりは安全という感覚をもっている人が多いですが、最近では、ロドデノールという白樺やメグスリノキから抽出された美白成分による白斑が問題になりました。
化粧品の中でも医薬部外品にあたる薬用化粧品は、承認が必要ですが、薬用でない化粧品は決められた成分の範囲内で製造すれば、届出だけで製造販売できます。
そういったことからも、メーカーがせっかく全成分表示をしているので、アレルギーの原因になる成分だけでなく、消費者の側で配合されている成分に高い意識をもつというのも必要だと思います。
また使ってみて違和感があったり湿疹や白斑などがでてきたら早めに使用を止めるようにすることが安全に化粧品を使うコツだと思います。"

美容リンク

関連エントリー
>> 美容リンク
>> 情報の泉
>> 男性のエステについて
>> お金がなければ難しいと思います。
>> 季節の変わり目に起きる風邪と頭痛について
>> 成分を意識して、安全に化粧品を使う
>> お風呂と健康